幹事の方へ向けた景品の選び方や、参加者が持っておきたい荷物と服装などを紹介します

様々な二次会での疑問にお答えします

二次会での疑問

結婚式の二次会に持って行くサブバッグは、どんな物でもいいのでしょうか?

投稿日:

二次会にふさわしいサブバッグとは!
挙式、披露宴、次にくるのが、二次会となります。
二次会の出席者は、挙式や披露宴からの流れで出席する人もいれば、二次会のみ招待を受けていて出席する人も大勢いるでしょう。パーティーに着る衣装に合わせて、パーティーバッグを持っていく人がほとんどですが、パーティーバッグは、比較的コンパクトな形状なので、荷物が入りきらない事が多々あります。そんな時は、サブバッグを用意すると良いでしょう。

サブなので、どんなバッグでも良いのでは?と思われがちですが、一応、マナー的な事を配慮して、サブバッグを用意する必要があります。
パーティー用のバッグ

1.大きさや色、生地の種類は?

 一般的なサブバッグは、約30cm四方の大きさの物で、華やかな印象があるサテン生地やレース生地がお勧めで、色は、黒がオールマイティーに使えるので便利です。
 A4サイズが入る位の大きさで持ち手が少し長めのトートバッグは、サブバッグとして荷物も沢山入り使いやすいです。

2.サブバッグの飾りは?

 リボン飾りやパール飾りなどついていると、フォーマル感があり、上品な印象になります。
 何もついていない黒いバッグでしたら、手持ちのパールのネックレスを持ち手の根本部分に、付けるだけでフォーマルバッグに変身します。

3.ふさわしくないNGは?

 生地や柄は、ヘビ柄やアニマル柄、ワニ革や毛並みが素敵なファー等は、動物を殺すイメージがあるので、ふさわしくありません。
 他にも、普段使いなら可愛いカジュアルなカラフルな色のバッグや布生地、ビニール素材、また紙袋も同じく場にふさわしくないので、避けた方が良いです。

まとめ

メインのパーティーバッグには、必要最低限の物、財布やスマホ、ハンカチ、ティッシュ、口紅などを入れ、サブバッグには、メイク用品を入れたポーチ、破れた時の為に替えストッキング、寒さ対策の薄手の上着、カメラ、充電器など入れておくと良いでしょう。
そして、使わない時は、収納できるように小さく折り畳めると便利です。
サブバッグは、3,000円前後からと比較的リーズナブルな価格で売っているので、着ていく衣装やパーティーバッグに合った物を選ぶ事をお勧めします。

-二次会での疑問

Copyright© 様々な二次会での疑問にお答えします , 2020 All Rights Reserved.