二次会での疑問

二次会の参加費における許容範囲と決めるときの注意点

更新日:

二次会の参加費における許容範囲と決めるときの注意点

二次会の参加費はどのくらいまでOKか?
二次会を主催する側としては参加費をとることになりますが、その参加費はどのくらいまでの金額ならOKなのか?というのは知っておかないといけないでしょう。
主催する人間にとって、そこは非常に重要で、ある程度規模を大きくしたい、楽しいイベントをやりたいと思ったら、お金がかかってしまう傾向はあります。

そうなると、参加費を多くとらないといけないということになりますけど、二次会の参加費が高すぎると参加する人が少なくなるということも考えられます。したがって、バランスの良いところで決めたいところなのです。

・二次会の参加費の許容範囲

二次会における参加費というのはどのくらいまでなら大丈夫なのか?というのは気になるはずです。
そういったところを考えながら参加費を設定しないといけませんが、多くの人は5000円までならば許容できると考える可能性が高いでしょう。
ある程度キリが良い数字であり、安くはないが、高すぎるとも感じない金額であると言えるのです。

1人あたり5000円を集められれば、それなりの催しもできるでしょうし、人数もある程度集まる可能性が高いです。
だから、盛り上がる二次会を開催しやすいと言えるので、5000円あたりを基準として考えておくと良いと言えます。

・5000円より高くても内容次第では許容できる場合もある

二次会の参加費としては5000円というのが大きな基準になりますが、仮に5000円を超えていても、内容をあらかじめ伝えていて、その内容がかなり充実していると感じられる場合には許容範囲内と言えるでしょう。
したがって、問題は内容次第ということにもなります。
内容が面白そうだと思えれば、多少お金を払っても参加したいと思う人が増えますから。

内容の面白さ、魅力に自信があるときには参加費を多少高くしても良いということが言えます。
そういったことも加味する必要があるので、参加費というのは内容面に連動して決めるという意識も必要なのです。

-二次会での疑問

Copyright© 様々な二次会での疑問にお答えします , 2021 All Rights Reserved.